住宅ローンの計算式をエクセルで作成する方法を探し出しました!

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

 

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

 

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

 

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

 

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

 

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。
なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

 

無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

 

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

 

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

 

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。
ゆくゆくは自分の両親と一緒に住みたいと考えている方に、知らないと損をするかもしれない住宅ローンのご紹介です。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

 

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。
この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。

 

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

 

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。
金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。