住宅ローン繰り上げ返済の計算方法や注意点を調べてまとめました

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

理由として考えられるのは以下のような方です。400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

 

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、住宅購入をする際には住宅ローンが必要です。現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

 

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。

その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

 

という事も重要なポイントです。ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

『イオン銀行』のローンがお得だととても評判なのです。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、割引される嬉しいサービスが付いてきます。
他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

 

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

 

毎月の住宅ローンの支払いをしていると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

 

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。繰り上げ返済をする事により、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。万が一、こうした違反が発覚してしまった場合このような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

 

その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。

このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。